螺旋の嵐

STG
Android プラットフォーム / Android 4.x 以上
実績 / オンラインランキング / ゲームパッド対応

 

Intro


地球に大量の隕石群がばらまかれたその日、世界は時代の分岐点に入った。

隕石の​​衝突による大気汚染は、急激な環境変化をもたらし、その後に続いて世界を襲った謎の病気は、人類に取り返しのつかない深い傷跡を残した。
それにもかかわらず、何十年に渡ってようやく絶望の大災害から回復して立ち上がろうとした人類に、致命的な一撃が落とされた。
その一撃は、全世界同時多発的に観測された地球外生命体との衝突という形であった。

第1次遭遇戦の結果は悲惨だった。大災害の影響で、きわどくバランスを維持していた従来の国家システム及び社会システムは遭遇戦によって崩壊し、
生存に必要な数多くのインフラストラクチャとライフラインが消えた。

しかし、人類は諦めなかった。正体も、目的もわからない、完全な未知の能力を持った敵に対して
人類は出口が見えない厳しい抵抗を続けた。
「ドケビー」と命名した、未知の敵との生存競争で生き残るために。

 

―そして、100余年の時間が過ぎた。

人類はまだ、空を飛んでいる。

 

操作方法


① 方向ボタン / ② 攻撃ボタン / ③ ダッシュボタン / ④ 防御ボタン
⑤ 体力ゲージ / ⑥ フォースゲージ / ⑦ エクストラゲージ / ⑧ スコア

プレイヤーは方向ボタンで移動することができます。
敵が現れると、自動的にプレイヤーは 近い敵を攻撃目標にします。
敵が複数である場合、敵を直接タッチして 攻撃目標を変更することができます。

攻撃ボタンを短く押し離すと、主武装で攻撃します。
攻撃ボタンを長押しすると、副武装として攻撃します。


ダッシュボタンを押し離すと、攻撃目標である敵を向かってダッシュします。
ダッシュボタンを押した状態で方向ボタンを押すと、フォースゲージを消費しながら、その方向にダッシュします。


ダッシュ途中、敵の攻撃を受ければ、弾のダメージ分の フォースゲージが減少します。
フォースゲージが無い場合、体力が減少されるので注意してください。

敵に近接した場合、攻撃目標のマークが変わります。この状態で主武装攻撃をすると、近接攻撃をします。


攻撃力は大きいのですが、攻撃の初期に敵が逃げる場合、攻撃は失敗します。
また、一部の敵の場合、近接攻撃をはじきます。このような敵は、敵が攻撃するときのスキを狙ってください。

防御ボタンを長押しすると、シールドを伸ばし、敵の攻撃を 防ぐことができます。
シールドはフォースゲージを持続的に消耗します。
攻撃を防いだ場合、弾ダメージの半分のフォースゲージが減少します。フォースゲージが無い場合、シールドは解除されます。


シールドで一般弾を防ぐと、弾のダメージ分のフォースゲージが減少します。
シールドで赤い色のエクストラ弾を防ぐと、弾を吸収しエクストラゲージを充電します。

エクストラゲージを満たした場合は、エクストラモードを使用できます。
エクストラボタン(金色の防御ボタン)を押すと、エクストラモードに替わります。
エクストラモードで攻撃ボタンを押すと、一定値のフォースゲージを消費して、
最大技術である フォースキャノンを使用することができます。


フォースゲージが足りない場合には、フォースゲージの回復を待って使用してください。

 

ランキングモード

ランキングモードを利用すれば、世界中のプレーヤーたちと自分の順位を確認することができます。
ランキングモードを使用するためには、オプションメニューからランキングモードを許可しなければなりません。

ランキングモードでは、コンティニュー禁止されれば、ゲームを終了するたびに自動的に自分のスコアをオンラインランキングに登録します。
自分の順位を確認するには、記録室を確認してください。
ただし、インターネット回線の接続状態が良くない場合には、ランキング登録に問題が発生することがあります。

ランキングモードと記録室を使用するためには、Google+のアカウントが必要となります。

 

キャラクター設定

キャラクター設定メニューを利用すれば、自分のコールサイン、武器、服装および外観を変更することができます。


服装の設定で、選択した服装をもう一度クリックすると、服装の脱衣が可能です。ただし、一部の服装は脱衣できません。
自分だけの武装とキャラクターを設定してみてください。

 

Gallery

 

Staff

ディレクター
K.Iron

シナリオ
K.Iron

グラフィック
K.Iron

楽曲
DINY

音響効果
DINY

プログラミング
K.Iron

スクリプティング
K.Iron

製作
TEAM DEVICE